ストーリー

主人公は、私立碧明学園に通う普通の男の子。
ある日、届いた1通の郵便物。
差出人不明の小包の中には、見たことのない黒いスマートフォンと1通の手紙が入っていた。

手紙には、
『yPhoneのテストユーザーとして、見事に当選しました!』
と書いてあった。

そして、そのyPhoneと刻印されたスマートフォンには、
運命の人がわかる機能、心が読める機能、
そして妄想を具現化してしまう機能が付いているとも書いてある。

半信半疑ながらも、主人公はそのスマートフォンを起動した。
初期起動で見つかった、4人の運命の女の子。

「これは、本物かも知れない……」

空気が読めずモテナイ主人公は、手に入れたyPhoneを駆使し、
女の子と仲良くなるため、奔走するのだった。